若手採用に強い人材紹介|株式会社ジェイック

お役立ち情報

20代の人材採用から定着まで徹底サポート

外国人留学生を積極採用しよう!留学生の新卒採用手続きと注意点

2016年01月12日

  • グローバル人材
  • 新卒
外国人留学生を積極採用しよう!留学生の新卒採用手続きと注意点
従来は、海外進出や海外の取引先との業務のために外国人を採用する企業が一般的でした。近年では、国籍に関係なく優秀な人材を確保するため、新卒の外国人留学生を採用する企業が増えています。そこで今回は、外国人留学生を新卒採用するメリットや注意点、採用手続きの流れをご紹介します。


外国人留学生の採用メリット


外国人留学生の採用メリット


外国人留学生は、英語や母国語などの語学が堪能であり、母国と日本の複数の文化に触れているため、多様な文化や海外のビジネスマナーへの対応が可能であるため、海外進出の際に役立ちます。
さらに、外国人留学生は、日本に来て働きたいというチャレンジ精神や高いバイタリティーがあり、日本人にはない発想を持っていることも特徴です。留学生を新卒採用することで、社内の日本人社員の異文化や多様性への理解につながり、社内の活性化も期待できます。


留学生の新卒採用手続きの流れ


留学生を採用した場合は、在留資格を留学から就労へ変更(在留資格変更許可申請)することや外国人登録証明書の変更が必要です。就労ビザの審査は1~3ヶ月ほどかかることを踏まえて、早めに地方入国管理署で申請を行いましょう。
また、就労ビザの申請には、雇用契約書の締結が前提となっており、就労ビザの許可を得る前に雇用契約を締結する必要があります。そのため、雇用契約書に「この雇用契約は日本政府の正当で就労可能な在留資格の許可及び在期間の更新を条件として発効する」との文言を入れておき、ビザが下りなかった場合には採用取り消しの可能性があることを留学生に説明してください。

就労ビザへの資格変更手続き
留学生本人が用意するもの
・ 在留資格変更申請書
・ パスポート
・ 外国人登録証明書
・ 履歴書
・ 卒業証明書または卒業見込証明書(原本)
・ 入国管理局あての申請理由書

企業側で用意するもの
・ 雇用契約書(就労ビザの申請に雇用契約の締結が必要)
・ 登記簿謄本=履歴事項全部証明書(原本を提出)
・ 事業内容がわかる会社パンフレットなど

外国人登録証明書の変更
就労ビザの交付後14日以内に、留学生本人が申請手続きをしなくてはなりません。そのため、就労ビザの進捗状況をチェックすることが必要です。

留学生本人が用意するもの
・ パスポート
・ 外国人登録証明書
・ 変更を証明する文書

手続きが間に合わず、入社までに卒業してしまう場合は、就労ビザへの変更申請とは別に特定活動ビザへの変更が必要になります。いずれにせよ、留学生はこのような手続き作業に慣れていないため、各種書類の入手方法や手続き方法について、企業が細かく指導をすることが大切です。


外国人留学生採用の注意点


外国人留学生採用の注意点


外国人留学生を採用する際に注意したいことが、文化や価値観、宗教の違いによるトラブルです。これを避けるためには、お互いが日本と外国の文化の違いを意識して、宗教への配慮を行うなど理解し合っていくことが重要になります。
労働慣行も日本と海外では異なるため、労使トラブルを避けるためにも双方の納得する雇用契約書を作成すべきです。日本語の雇用契約書の作成と合わせて、英語や留学生の母国語での翻訳文を添付することも未然にトラブルを防ぐために有効でしょう。
もう1つは、日本語の言葉の壁による意思疎通の問題です。日本人なら十分通じる指示であっても、留学生にとっては分かりづらいことも多くあります。面接で留学生の日本語能力をしっかり確認し、採用後は明確な指示や分かりやすい説明を心掛けることが必要です。


おわりに


国内市場の規模縮小が懸念されている中、外国人留学生は海外との取引先の開拓などで重要な人材になる可能性を秘めています。これまでの採用経験が少ないため、外国人留学生の新卒採用に消極的な企業もあるでしょう。しかし、異文化に触れることによる社内の活性化などのメリットも考えて、外国人留学生の採用に挑戦してはいかがでしょうか。
なお、新卒採用後に留学生が会社に馴染めるかどうかは、お互いの理解や配慮が重要であることを忘れないでください。


20代の人材採用から定着まで徹底サポート

こんなことを
お考えでしたら、
お問い合わせ
ください。
  • 20代、30代若手からの応募が少なく、吟味して採用できない
  • 若手応募者の質が低下してきており、内定基準に達する人に出会えない
  • 内定を出したのに、辞退されることが多い
  • 若手は採用したいけど、そんなに採用にかけられる時間がない
  • 久しぶりの若手採用。今ドキ若者の社内育成のノウハウが無くて不安
※ その他、若手採用、定着、活躍についてでしたら、どんなことでお問い合わせくださいませ。