若手採用に強い人材紹介|株式会社ジェイック

お役立ち情報

20代の人材採用から定着まで徹底サポート

子育てと仕事を両立したい働くママをサポートする社内制度3選

2017年03月14日

  • 事例
  • 女性
  • 働き方改革
育てと仕事を両立したい働くママをサポートする社内制度3選

「子育てと仕事の両立」は働くママにとって重大な課題です。育児をしながら仕事を続けるためには、企業の理解やサポートが不可欠ですが、従来は企業からのサポートが十分ではなく、育児と仕事を天秤にかけて苦悩する女性は少なくありませんでした。
しかし近年では、育児サポートを積極的に行うことにより、優秀な女性の採用や女性社員のモチベーション向上につなげようとする企業が増えています。今回は実際に企業が導入している、子育てと仕事を両立したい女性をサポートする制度を3つご紹介します。


【1】在宅勤務制度・フレックス勤務制度


在宅勤務制度・フレックス勤務制度


小さい子供を育てるママは、大半の時間を家で過ごします。また、子供が成長すると保育園・幼稚園などの送り迎えをする時間を捻出しなければなりません。つまり、働くママにとって仕事の問題の多くは、働く場所と時間に起因しているのです。

このような問題を解決するため、ママ社員の在宅勤務・フレックスタイム勤務を許可する企業が増えています。インターネット環境とパソコンがあれば取り組め、制作物の提出によって進捗状況を管理できる業務であれば、このような制度の導入は難しくありません。

また、育児で起こりがちな子供の急病、学級閉鎖などのアクシデントの際に、一時的な在宅勤務を認める制度や、学校参観日、入学式のような予め参加が確定している行事がある場合、休暇を取得できるアニバーサリー休暇制度を設けている企業も多いようです。


【2】近隣の託児所と契約・自社内保育所の設置


近隣の託児所と契約・自社内保育所の設置


2016年には子供が保育園の入園選考に落選し、憤りをつづったブログが国会で取り上げられました。最近は保育園に入園を希望する家庭が増え、我が子を受け入れてもらえないケースも少なくありません。政府は緊急対策を打ち出しているものの、待機児童問題の解決にはほど遠いのが現状です。

保育所に預けられないからと言って、小さな子供を一人で家に置いておくことはできません。両親が身近に住んでいれば面倒を見てもらうこともできますが、そうでもなければ一旦仕事を休止し、育児に専念するしかありませんでした。

この状況を改善するため、近くの託児所と契約する企業も現れています。常駐する保育士が子供の面倒を見てくれるだけでなく、他の子供との関わりを通して、コミュニケーション能力を育める点もメリットです。空き時間があればすぐに様子を見に行ける点も、ママから好評を得ています。
企業に資金力がある場合、自社内に保育所を設ける例もあります。子供を安心して預けられる環境を提供すれば、ママも心置きなく業務に集中できることでしょう。


【3】育児の経済的負担を軽減する支援金制度


上述したようなママの仕事をサポートする制度だけではカバーできない問題が、育児に伴う経済的負担です。育児負担を軽減する社内制度を設けても、経済的負担が増えては本末転倒です。そのため、保育所やベビーシッターの利用料を補助する企業もあります。

出産・育児を行うママを対象とした支援金制度によって、育児に関わるすべての経済的負担をカバーすることはできません。しかし、「企業が育児を気にかけてくれている」という会社の思いが伝わり、働くママの精神的な支えになります。企業への感謝からエンゲージメントが生まれ、生産性向上が期待できるでしょう。


おわりに


近年は、「仕事と生活のどちらを優先させるか」ではなく、「仕事と生活を両立させる」ワークライフバランスが重要視されています。育児は女性の最も重要なライフイベントの1つであり、企業は働くママを積極的にサポートすることが必要です。
働く意欲はあっても、育児を理由に退職せざるを得ない女性は少なくありません。育児と仕事の両立に奮闘するママを応援する社内制度を設けてはいかがでしょうか。
20代の人材採用から定着まで徹底サポート

こんなことを
お考えでしたら、
お問い合わせ
ください。
  • 34歳以下の若手から応募が少なく、吟味して採用できない
  • 若手応募者の質が低下してきており、内定基準に達する人に出会えない
  • 内定を出したのに、辞退されることが多い
  • 若手は採用したいけど、そんなに採用にかけられる時間がない
  • 久しぶりの若手採用。今ドキ若者の社内育成のノウハウが無くて不安
※ その他、若手採用、定着、活躍についてでしたら、どんなことでお問い合わせくださいませ。