若手採用に強い人材紹介|株式会社ジェイック

お役立ち情報

20代の人材採用から定着まで徹底サポート

退職相談の正しい受け方と引き止め方とは?適切なカウンターオファーを行おう

2015年08月04日

  • モチベーション
  • マネジメント
  • 定着
  • 退職
突然、退職を相談されたら?退職の引き止め方(カウンターオファー)
優秀な人材を確保するためには、新規の採用に力を入れなければならないことは周知の事実です。しかし、それだけでなく、退職・転職による人材流出を防ぐことも大きなポイントになります。突然部下から退職を相談された際、どのように引き止めれば良いでしょうか。今回は、退職の引き止め方(カウンターオファー)についてご紹介します。



説得するのではなく、話を聞く



説得するのではなく、話を聞く


部下から辞めたいと相談された際、最も大切なことは、相手の話を聞く姿勢です。退職したいと思っている人を引き止めるためには、「説得しなければならない」と多くの人が考えます。しかし、説得は、しばしば、自分本位の言葉をただ相手にぶつけるだけで終わります。

部下は上司に対して、「自分の気持ちを分かってほしい」「自分を認めてほしい」という思いを抱くことが多いです。
そのため、真摯に向き合って話を聞いてくれる上司であれば、心を動かされることがあります。どのような言葉を掛けるべきか悩むよりも、寄り添ってじっくり話を聞き、辞めたい理由や悩みを聞き出すことに意識を向けましょう。

しかし、じっくり話を聞くといっても、緊張感が漂う職場では相手も固くなります。堅苦しい会議室よりも飲みの席のような気の張らない場所である方が、本音を聞き出すためには効果的です。強制したり、威圧的な態度をとったりせず、あくまで「飲みに行こうか」と軽い口調で、相手を連れ出しましょう。



実績を評価し、今後任せたいことを伝える



実績を評価し、今後任せたいことを伝える


辞めたいと考えている部下の中には、「自分はこの会社に必要とされていないのではないか」という気持ちを抱いている方もいます。退職を思いとどまらせるためには、そのような気持ちを覆し、自分から今の会社に残りたいと思わせなければなりません。

そのためには、部下のこれまでの頑張りを正しく評価することが大切です。部下の働きがどれだけ会社に貢献してきたか話し、会社にとってなくてはならない存在であることをストレートに伝えましょう。

そして、さらに大切なことは、今後どのような仕事を任せるつもりであるか伝えることです。今の職場における未来を語ることにより、一緒に頑張って行こうという思いが伝われば、「もう少し続けたい」という気持ちにさせることができます。



適切なカウンターオファーを考える



「カウンターオファー」とは、退職を申し出た人に行われる引き止め交渉のことです。「給料を上げる」「役職をつける」「他部署への異動」などの条件を提示して交渉します。カウンターオファーを提示する際は、辞めたいと考えている部下の悩みや退職理由が、根本的に解決できる内容であるかどうかが重要なポイントです。
例えば、職場の人間関係や今の仕事の在り方に不満を抱いている部下に、給料のアップを持ち掛けたとしても意味はありません。「金額の問題で片付けられると思われている」と感じ、逆に信用を失う結果となるでしょう。適切でないカウンターオファーの提示は、辞めたい気持ちに拍車を掛ける可能性もあります。そのため、しっかりと向き合って話を聞くことが大切です。

また、カウンターオファーを提示し、部下が条件を受け入れて会社に残ることを決意した場合のフォローもきちんと行う必要があります。一度退職を申し出た以上、少なからず肩身が狭い思いをすることになるでしょう。部下がモチベーションを保って働き続けられる環境を整えなければなりません。



おわりに



部下に退職を相談された場合、高圧的な態度で退職を退けたり、自分本位な言葉を並べ立てたりせず、まずはじっくりと話を聞きましょう。退職の理由や悩みが分かれば、適切なカウンターオファーを提示することもできます。会社にとって必要な存在であること、残ってほしい旨を、熱意を持って伝えましょう。
20代の人材採用から定着まで徹底サポート

こんなことを
お考えでしたら、
お問い合わせ
ください。
  • 34歳以下の若手から応募が少なく、吟味して採用できない
  • 若手応募者の質が低下してきており、内定基準に達する人に出会えない
  • 内定を出したのに、辞退されることが多い
  • 若手は採用したいけど、そんなに採用にかけられる時間がない
  • 久しぶりの若手採用。今ドキ若者の社内育成のノウハウが無くて不安
※ その他、若手採用、定着、活躍についてでしたら、どんなことでお問い合わせくださいませ。