若手採用に強い人材紹介|株式会社ジェイック

お役立ち情報

20代の人材採用から定着まで徹底サポート

チームビルディングに役立つ研修ゲーム3選

2017年09月19日

  • モチベーション
  • チーム作り


1つのプロジェクトには、複数のメンバーで構成されたチームで取り組むため、円滑に業務を行うためには各自がチームビルディングを意識する必要があります。チームビルディングを目的とした研修を実施する場合は、ゲームを取り入れてはいかがでしょうか。


コンセンサスを得るプロセスやPDCAサイクルの回し方、コミュニケーションの重要性など、業務上のチームビルディングに必要な内容を効率的に学習できます。今回は、チームビルディングにおすすめしたい研修ゲームを3つご紹介します。



【NASAゲーム】コンセンサス力を養う



チームでコンセンサス(consensus:意見の一致)を得ることは、容易ではありません。このコンセンサスを得るプロセスを学ぶためには、NASAゲームが役立ちます。


NASAゲームは、チームのメンバーが月に不時着した宇宙飛行士という立場になり、遠く離れた母船に帰還するため、所持している15個のアイテムに優先順位を付けていくというゲームです。1人であれば簡単に優先順位が決まりますが、複数人のチームでは意見が分かれます。このゲームでは各自がアイデアを出し、議論を行い、全員が納得できる優先順位を決めなければなりません。


NASAはゲームの模範解答を出しており、この模範解答に最も近い優先順位を付けたチームを勝ちとします。このゲームで重要なポイントは、コンセンサスを得るプロセスを学ぶことであり、勝敗に一喜一憂することではありません。ゲームを終えた後の振り返りが大切です。


 


 


【ペーパータワー】PDCAサイクルの回し方を学ぶ


「ペーパータワー」は、紙を使って可能な限り高いタワーを作るゲームです。紙の枚数と制限時間が決められ、ゲーム開始前には各チームに作戦会議の時間が与えられます。


他チームをしのぐ高さのタワーを作るためには、積極的にPDCAサイクルを回す必要があります。通常、座学の研修だけではPDCAの内、P(plan)程度しか学べませんが、ペーパータワーは、チームでPDCAサイクルの回し方を楽しく学べるゲームとして、チームビルディング研修でよく用いられます。


また、完成したタワーの高さに応じて売り上げを得て、この売り上げから紙のコスト(仕入れ)やチームメンバーへの給与(人件費)、税金が差し引かれる設定にすれば、経営感覚を養うこともできます。通常のペーパータワーゲームは実施済みという場合は、こちらも試してみると良いでしょう。


 


【ドミノゲーム】コミュニケーションを身に付ける



ドミノゲームは、制限時間内に並べたドミノをかけ声に合わせて倒し、どれだけ長くドミノが倒れ続けるかを競うゲームです。非常にシンプルであるものの奥が深く、企業研修ではよく実施されます。


 


PDCAサイクルの回し方やコミュニケーションの取り方など、チームビルディングに不可欠な要素を総合的に学べます。ゲームには集中力が要求され、目標を達成したときはチームが一体になれる点も魅力です。


ゲームのルールに特に決まりはありません。専用のドミノ倒しキットを利用するケースや、社内にある物の使用を許可するケースなど、企業によって実施方法はさまざまです。高い目標を設定してクリアすることだけでなく、PDCAサイクルを回して、回を重ねるごとにドミノの倒れる時間を延ばすことも重要です。


 


おわりに


今回はチームビルディングの力を高めるための研修ゲームをご紹介しました。チームビルディングは、座学だけでは身に付けることはできません。ゲームはチームビルディングを体で覚えるための格好の教材であるため、研修におすすめです。今回ご紹介したゲーム以外にもさまざまなゲームがあるため、自社の目的に合ったゲームを取り入れたり、新しいゲームを考えたりしてみてはいかがでしょうか。

20代の人材採用から定着まで徹底サポート

こんなことを
お考えでしたら、
お問い合わせ
ください。
  • 34歳以下の若手から応募が少なく、吟味して採用できない
  • 若手応募者の質が低下してきており、内定基準に達する人に出会えない
  • 内定を出したのに、辞退されることが多い
  • 若手は採用したいけど、そんなに採用にかけられる時間がない
  • 久しぶりの若手採用。今ドキ若者の社内育成のノウハウが無くて不安
※ その他、若手採用、定着、活躍についてでしたら、どんなことでお問い合わせくださいませ。