若手採用に強い人材紹介|株式会社ジェイック

お役立ち情報

20代の人材採用から定着まで徹底サポート

働き方改革の取り組み事例は?制度の見直しを図って会社を変えよう

2018年05月15日

  • 事例
  • 働き方改革
  • 業務改善
働き方改革の取り組み事例

政府の推進もあり、実践する企業が増えている「働き方改革」。改革に必要なコストを心配される方もいるとは思いますが、コストをかけずに工夫できることもあります。まずは自社でできることから取り組んでみてはいかがでしょうか。今回は働き方改革の取り組み事例をご紹介します。

【取り組み事例1】時短勤務制度

時短勤務制度

出産・子育てなどフルタイムでの勤務が困難な社員でも、短時間の勤務は可能というケースもあるでしょう。時短勤務制度が充実していれば、そのような社員も無理なく働き続けることができます。

時短勤務制度は育児・介護休業法によって定められており、子供が3歳未満であるなどの条件を満たす社員は、1日の勤務時間を原則6時間に短縮することができます。しかし、これとは別に、「複数の勤務時間のパターンの中から都合の良いパターンを選択できる」「子供が3歳になっても時短勤務制度を利用できる」など、企業が独自に設けている時短勤務制度もあります。子育てを主導的に行う女性がこの制度を利用することが一般的ですが、育児の分業や両親の介護などのため、性別関係なく利用されるケースも増えてきているようです。

また、勤務時間が減ったからといって重要度の低い仕事をアサインすると、モチベーションや生産性の低下が考えられます。「短い時間でもコア業務を担当させる」「コミュニケーションを活発にする」「仕事の属人化を防ぐ」といった工夫で、時短勤務制度の導入がマイナスの影響を生み出さないようにしましょう。


【取り組み事例2】社員の育児サポート

企業が社員の家庭を応援する姿勢を見せることは、社員のモチベーションアップにつながります。その1つが育児休暇取得の奨励です。近年は、さらに社員の育児を強力にサポートする働き方改革も増えてきています。ユニークな事例としては、育児を行っている社員を対象に、情報交換のための懇親会を開催している企業があるようです。税制優遇措置を受けられることもあり、社員のために保育施設を社内に設置した例もあります。また、小さな子供と一緒に出社できる「子連れ出勤」制度も少しずつ普及しているようです。

【取り組み事例3】テレワーク

テレワーク

働く場所に関する改革の取り組み事例も少なくありません。インターネット・IT・クラウドといった技術が活用されるようになった現在、仕事内容によっては必ずしもオフィスに集まってする必要はないのです。

自宅などオフィス以外での勤務を可能にする「テレワーク」の技術が進んでいます。前述の時短勤務と組み合わせ、育児休業からのスムーズな復帰にテレワークが活用された例もあります。交通機関の遅れによる作業時間のロス、交通費によるコストが発生しない点もテレワークの魅力です。一方で、テレワークを導入する際、クリアしなければならない課題があります。それが「情報漏えいの防止」「コミュニケーション不足」「勤怠管理」です。

多くの企業はクラウドシステムの利用や社員教育を徹底することで情報漏えいの問題を防いでいます。コミュニケーション不足を解消する方法としては、ビジネスチャットソフトの利用が一般的です。勤怠管理には、同じくチャットソフトや専用の勤怠管理システムが利用されています。また、テレワークを許可する人材や日数を限定する工夫も、業務に悪影響を与えないためには大切です。


おわりに

今回は働き方改革の事例の中から、比較的コストをかけることなく実施できるものをご紹介しました。それぞれの企業が抱えている課題感や目的によって、働き方改革のアプローチの仕方はさまざまです。今回紹介した事例を、自社の環境に合わせて働き方改革を実行する際の参考にしてください。

20代の人材採用から定着まで徹底サポート

こんなことを
お考えでしたら、
お問い合わせ
ください。
  • 34歳以下の若手から応募が少なく、吟味して採用できない
  • 若手応募者の質が低下してきており、内定基準に達する人に出会えない
  • 内定を出したのに、辞退されることが多い
  • 若手は採用したいけど、そんなに採用にかけられる時間がない
  • 久しぶりの若手採用。今ドキ若者の社内育成のノウハウが無くて不安
※ その他、若手採用、定着、活躍についてでしたら、どんなことでお問い合わせくださいませ。