若手採用に強い人材紹介|株式会社ジェイック

お役立ち情報

20代の人材採用から定着まで徹底サポート

「アルムナイ制度」の意味とは?採用手法として注目される理由・企業事例

2018年02月07日

  • 採用市場
  • 人事
  • ノウハウ
アルムナイ制度の意味や注目される理由、メリット

「アルムナイ制度」というものをご存じでしょうか。「アルムナイ制度」は、これからの企業文化を変えるものとして注目される存在。制度の内容や注目される理由、メリットを紹介します。


「アルムナイ制度」とは

アルムナイ制度とは
「アルムナイ」とは、本来は「卒業生」「同窓生」といった意味で使われていた言葉です。これが転じて、企業の離職者や退職者なども含まれるようになりました。このアルムナイを人材としてとらえ、組織化し、再雇用するのが「アルムナイ制度」です。退職者を再雇用するというと、定年退職で職場を離れた、いわゆるOBやOGに対する再雇用制度が思い浮かぶかもしれません。しかしアルムナイ制度が注目するのは、定年ではなく若い間に転職などで会社を離れた退職者たちです。従来の日本企業では、会社を離れた人間は他人。ライバル企業などに転身した場合には、「裏切り者」といった目をむけることも少なくありませんでした。人材の流動性が高い海外や、外資系の企業では退職者同士や、退職者と企業の間でも連絡を取り合い、情報交換や再雇用が行われることも珍しくありません。日本の企業もこの制度に注目、退職者と交流を持ち、合意を得られれば再雇用に結びつけるというのがアルムナイ制度です。


「アルムナイ制度」が注目される理由

アルムナイ制度が注目される背景には、終身雇用制度の崩壊と人材の流動化、人手不足があります。かつて日本企業のほとんどは、終身雇用を前提とした採用活動をいってきました。しかし、その終身雇用制度が崩壊したことで、企業は正社員での雇用を保つことで人材の流動化が起こります。そうなると、求職者は目先の給与や企業の知名度、事業規模といったものよりも、自分自身にどのような成長をもたらすことができるかを重視するようになります。その結果、企業は人材採用に対するコストは上昇していきます。しかし、そのように高いコストをかけて採用した人材も定着するとは限りません。少なくない数が企業風土に合わない、業務習慣になじめないといった理由で、せっかく採用してもまた離職することに。企業側の人事コストはさらに増加します。それに加えて、中途採用者は専門性が高いキャリア採用。他の部署に異動させることが難しくなり、人材が固定化、企業の硬直化につながっていきます。その打開策として注目を集めるのが「アルムナイ制度」です。


ジョブリターン制度との違いは?

アルムナイ制度は、一度職場を離れた人材を再雇用する制度。似た制度として「ジョブリターン制度」があります。ジョブリターン制度は、結婚や出産、介護といった個人的な理由で退職した社員を再び雇用する制度です。しかし、ジョブリターンの場合、退職の理由が家庭の事情といったものに限られることが多いのが実状でした。そのため、キャリアチェンジを考えたり、ヘッドハンティングを受けたりといった社員は対象外となっていました。しかし、アルムナイ制度では、同業他社への転職や他業種への転職、留学、起業など、様々な理由による退職者すべてを対象としています。


アルムナイ制度のメリット

アルムナイ制度のメリット

会社を去った人材を再雇用するアルムナイ制度。制度の活用には様々なメリットがあります。

①ミスマッチが起きない

転職者を採用する場合、大きなリスクがミスマッチです。能力や人柄は申し分ないものの、企業風土にマッチするか、その会社の習慣になじめるかといった点は別問題。どれだけ選考を重ねても、実際に働いてみなければわからない部分があります。しかしアルムナイ制度による採用の場合、対象となるのは元の社員です。当然、企業風土については知っているだけ存在。すでに社内にネットワークを持っていることもあり、職場にマッチするだけでなく、円滑に日常の業務を行うことができます。

②高いロイヤリティを期待できる

アルムナイ制度によるメリットのひとつは、ロイヤリティの高い社員を確保できるということです。新卒採用が中心だった日本企業では、社員が企業に対して愛着や忠誠心を持つことは当然でした。しかし、正社員の数が減少、中途採用者や派遣社員が増加すると、会社に対する感情は希薄になります。会社の成長とイノベーションには、社員のロイヤリティは不可欠。その点、アルムナイ制度の場合、採用された社員は「一度離れた会社なのに再び受け入れてくれた」という恩義が芽生えます。そういった社員には、他の社員よりも愛社精神や忠誠心が生まれやすいもの。ロイヤリティは教育によって生まれるものではないため、すでに高い忠誠心を持った社員を期待できるというのもアルムナイ制度のメリットです。

③優秀な人材を採用できる

一度会社を辞めた人材というのは、社外での経験を重ねています。もちろん、その間に研修を受けるといったこともあります。言い換えれば、コストなしで成長した人材を採用できるということ。さらに他社での経験を積んでいるということは、ビジネスのアプローチ手法が増加することにつながります。単に人手不足を補う、社風を知っている社員が加わるというだけでなく、社内だけではなし得ない成長を期待できるというのも、アルムナイ制度のメリットのひとつです。


アルムナイ制度の活用事例

では、アルムナイ制度の活用事例にはどのようなものがあるかご紹介します。

アクセンチュアの場合

アルムナイ制度の活用では、外資系コンサルティングファームの「アクセンチュア」が有名です。アクセンチュアでは、一年に150回以上という、現役社員とOB・OG、離職者の積極的な交流を行う機会を設けています。また、「アクセンチュア・アルムナイネットワーク」というサイトを公開。世界15万人という卒業生が登録するこのサイトでは、アルムナイが経営するビジネスの宣伝が可能になっているほか、アルムナイの再就職に関する情報を掲載し、幅広く人材採用に役立てています。

サイボウズの場合

国内ではクラウドサービスなどを扱う、サイボウズのアルムナイ制度が盛んです。退職したエンジニアと現職のエンジニアとが毎月交流できる機会を設けています。エンジニアのように、外部との関わりが多くない業種にとって、経験者の意見はなによりも力になります。また、外部での勤務経験のあるエンジニアであれば、他社の意見を参考にすることもできるようです。

おわりに

一度会社を離れた人材を再び活用するアルムナイ制度。今後、さらに加速すると見られる人手不足や人事コストの増加を抑える切り札として注目されています。制度の活用のために大切なのは、社員と会社の関係性。離職した後も会社と良好な関係を続けられるかどうかが制度活用のポイントになるかもしれません。

20代の人材採用から定着まで徹底サポート

こんなことを
お考えでしたら、
お問い合わせ
ください。
  • 34歳以下の若手から応募が少なく、吟味して採用できない
  • 若手応募者の質が低下してきており、内定基準に達する人に出会えない
  • 内定を出したのに、辞退されることが多い
  • 若手は採用したいけど、そんなに採用にかけられる時間がない
  • 久しぶりの若手採用。今ドキ若者の社内育成のノウハウが無くて不安
※ その他、若手採用、定着、活躍についてでしたら、どんなことでお問い合わせくださいませ。