若手採用に強い人材紹介|株式会社ジェイック

お役立ち情報

20代の人材採用から定着まで徹底サポート

内定辞退される理由は?採用辞退を防ぐ内定者フォローのポイント

2015年08月11日

  • フォローアップ
  • 中途
内定辞退される理由は?採用辞退を防ぐ内定者フォローのポイント
内定を辞退する方の多くは、他社からも内定をもらっています。ある会社の内定を優先させた結果、他の内定を辞退することは必然です。選ばれる会社と辞退される会社との差異は、どこにあるのでしょうか。
複数の内定を抱えている人材が実際に働く会社を選ぶ際のポイントは、給与や業務内容だけではありません。内定者の不安や疑問を解消する努力や内定者に自信を持ってもらうための施策を行っていますか。採用辞退を防ぐためには、内定後のフォローが大切です。
今回は、内定を辞退される理由と、内定辞退を防ぐ内定者フォローのポイントをご紹介します。



内定辞退の理由



内定を辞退する最も一般的な理由は、「他社から内定をもらった」という理由です。内定辞退を防ぐためには、内定から入社までの間に、いかに「この会社で働きたい」と思わせられるかが大きなポイントとなるでしょう。
また、他の内定辞退の理由として、「給与面で納得できなかった」「選考中の疑問が解決できなかった」なども挙げられています。
内定辞退を防ぐためには、内定後のフォローを行い内定者の疑問を解決することが重要です。



内定者フォローとは



内定者フォローとは、内定を出した人材を確実に入社させ、入社後のスムーズな育成へとつなげるためのさまざまな施策のことです。
優秀な人材を確保するために、面接の形態や選考方法を工夫している会社は多いでしょう。しかし、内定を出した後も安心はできません。内定を出した人材が他社に流れてしまっては、採用の努力が全て無駄になります。
内定者フォローまでを採用のプロセスと考え、効果的な施策を行いましょう。


内定者フォローのポイント



内定者フォローのポイント


内定者フォローにおいては、内定者の不安感を取り除くことが大切です。内定者は、誰もが少なからず不安を抱えています。
内定から入社までに期間がある場合はなおさら、新しい会社に対する期待感と、本当にこの会社で良かったのだろうかという不安の間で、気持ちが大きく揺れ動くことでしょう。

内定者の迷いや不安を取り除き、決断に自信を持ってもらうこと、そして自信を働く意欲につなげてもらうことが、内定者フォローの最大のポイントです。



内定者フォローの具体的な施策



内定者フォローの具体的な施策


内定者の不安感を取り除くためには、内定から入社までの間、内定者とのコミュニケーションを欠かさないことが大切です。
メールや郵便物などを利用し、会社の情報を定期的に発信しましょう。情報発信のツールとして、SNSを活用する方法もあります。ネット上にコミュニティを作成し、内定者同士、または社員と内定者とで情報交換ができるような場を設けても良いでしょう。

また、内定者と先輩社員との懇親会を開き、実際に会って話す機会を作ることも大切です。先輩社員と交流を深めたり、同期同士でつながりを作ったりすることにより、会社への帰属意識が生まれるでしょう。
また、入社前の内定者研修や内定者教育も検討してください。足りない知識やスキルを入社前に把握し補うことができれば、この会社でやっていける、という自信が生まれます。



おわりに



内定辞退を防ぐためには、まず企業側が内定者の立場に立って考え、内定者の不安を理解することが大切です。自分の会社がどのように見えているか、不安を抱かせる要素は何であるか考察してください。内定者の視点で見つめることにより、採るべき行動も自ずと見えてくるのではないでしょうか。
近年では多くの会社が内定者フォローに力を入れていることもあり、内定者フォローの重要性が増しています。ご紹介した対策を参考に、内定者に自社の本質や魅力をしっかり伝え、採用辞退を防止しましょう。
20代の人材採用から定着まで徹底サポート

こんなことを
お考えでしたら、
お問い合わせ
ください。
  • 20代、30代若手からの応募が少なく、吟味して採用できない
  • 若手応募者の質が低下してきており、内定基準に達する人に出会えない
  • 内定を出したのに、辞退されることが多い
  • 若手は採用したいけど、そんなに採用にかけられる時間がない
  • 久しぶりの若手採用。今ドキ若者の社内育成のノウハウが無くて不安
※ その他、若手採用、定着、活躍についてでしたら、どんなことでお問い合わせくださいませ。