若手採用に強い人材紹介|株式会社ジェイック

お役立ち情報

20代の人材採用から定着まで徹底サポート

採用活動の目的は?求める人材・人物像を明確にしたほうが良い理由

2018年05月22日

  • 採用市場
  • 中途
  • 人事
採用活動の目的

企業が新たな人材の採用を検討したとき、どういった人材が必要であるかを具体的に決めていないと混乱が生じます。そのため採用活動を行う場合は、各企業で異なる「理想の人材」を定義することが欠かせません。今回は採用活動で求める人材像を明確にしたほうが良い理由についてご紹介します。

求める人物像が不明確であることのデメリット

採用活動を行うとき、求める人物像が不明確であると採用のミスマッチを引き起こしてしまうことがあります。例えば、募集要項に「コミュニケーション力の高い人材」と記載していた場合、コミュニケーション能力に自信のある方が応募してくるでしょう。しかし、営業職、販売職、教職など、経験した環境が違えば、コミュニケーションの取り方や培われたコミュニケーションスキルも異なります。自社に必要なコミュニケーション能力がどういったものか不明確なままでは、応募者のスキルを見極めることができません。その結果、どの応募者を採用するかの判断に迷う場面が多くなったり、自社に合わない人材を採用したりする可能性があります。

求める人物像を明確にすることのメリット

採用活動を行う上で、求める人物像を明確にすることはさまざまなメリットを生み出します。ここでは、主なメリットの中から3点を選んでご紹介します。

ミスマッチによる早期離職を防ぐ

ミスマッチによる早期離職を防ぐ

採用・育成コストを考えると、早期離職による損失は甚大です。人手不足の会社であれば、退職社員の穴を埋めるための既存社員の負担増加も無視できません。もちろん、早期離職者本人にとっても、早期離職はその後の就職活動でマイナスになってしまいます。求める人物像を明確にして採用活動を行い、人材のミスマッチが起こる確率を下げることが大切です。

既存社員の行動指標ができる

「求める人物像」は、既存社員が行動する際の指標にもなります。明確な基準があることは、社員の自主的な行動を促すでしょう。もちろん、社員の育成においても、求める人物像を目指した研修や勉強会を行うことができます。

採用コストの削減

多数の応募者が応募してきても、自社が求める人材からでの応募がなければ意味がありません。企業が必要とする人材の詳細な要件を自社サイトや求人サイトに掲載することで、面接に応募してくる人材が絞られます。明らかにミスマッチである応募者が減るため、採用活動に要する期間も短縮できます。

求める人物像の明確化のために

求める人物像の明確化

必要な人材を明確にするためには、人材を必要としている部署の意見を取り入れながら、求める人材のペルソナ(仮想の人物像)を設定してみてください。スキルや知識、能力の他、年齢や性別、生活スタイル、価値観や仕事に求めているものなど、細かいところまで想像してみましょう。

また、採用者が自社の社風に合う人間であるかも重要です。企業の雰囲気に合った人材が採用できれば、長期定着が期待できます。自社に適した人材を知りたいときは、長年にわたって活躍している既存社員に共通する特徴を調べてみましょう。

具体的な人物像を絞り込めたら、実際の募集に踏み切ります。ただし、企業が理想とする人物像の要件すべてを満たした人材が応募してくる可能性は低いでしょう。最低限満たしておきたい要件と許容できる要件は、あらかじめ分けておくことをおすすめします。


おわりに

採用活動を行う際は、求める人物像を具体的に設定しておくことが重要です。自社が求めている人材を見出し、採用活動の効率化や社員の長期定着につなげていきましょう。求める人材のペルソナを決めるときには、自社の現状を把握し、現場の声を積極的に取り入れてみてください。

20代の人材採用から定着まで徹底サポート

こんなことを
お考えでしたら、
お問い合わせ
ください。
  • 34歳以下の若手から応募が少なく、吟味して採用できない
  • 若手応募者の質が低下してきており、内定基準に達する人に出会えない
  • 内定を出したのに、辞退されることが多い
  • 若手は採用したいけど、そんなに採用にかけられる時間がない
  • 久しぶりの若手採用。今ドキ若者の社内育成のノウハウが無くて不安
※ その他、若手採用、定着、活躍についてでしたら、どんなことでお問い合わせくださいませ。