JAIC 就職支援・採用支援・社員教育のジェイック

ウェブで全て解決!
JAICのサービスは全てオンラインに対応!

詳しい資料はこちら

採用成功企業の声

就職カレッジ、女子カレッジから入社した13名全員が活躍!一緒に踏ん張って会社を盛り上げてくれています!

アン・コンサルティング株式会社

代表取締役社長 久利 鋭一様

本社所在地 東京都渋谷区
設立 2011年
従業員数 23名
業種 IT・通信・人材ビジネス
会社概要 お客様が抱えるIT業務の課題に対し、最適なIT技術者の派遣の提案を行っています。また、業界最大規模のITエンジニア独立支援サイト”フリエン”を運営し、フリーランスのエンジニア支援も行っています。
事業内容 フリーエンジニアリング事業、ITエンジニアに特化した採用支援事業
ホームページ https://www.anconsulting.jp

利用サービス

  • 女子カレッジ
  • 就職カレッジ

採用成果

採用背景として、粘り強い若い社員を求めていたが、なかなか出会えなった。知人から、「根性のある人を採用したいならジェイックが良い」と勧められ集団面接会に参加した。ジェイックから採用した在籍社員数:13名(2017/8現在)

インタビュー内容

  1. 1. カレッジのサービスをどのように知りましたか?
  2. 2. 集団面接会に参加されたきっかけを教えてください。
  3. 3. 採用の際、工夫されていることはございますか?
  4. 4. 特に集団面接会で採用する際、重視しているポイントがあれば教えてください。
  5. 5. 採用を決める基準は何ですか?
  6. 6. 入社直後の新入社員をどのように教育されていますか?
  7. 7. 入社したカレッジ生が定着・活躍されている理由は何だと思いますか?
  8. 8. 最近入社されたカレッジ卒業生の小津さんについて、何かエピソードがあれば教えてください。
  9. 9. 最後に、御社ならではの制度やマネジメントの工夫などがあれば教えてください。
  

1. カレッジのサービスをどのように知りましたか?

紹介がきっかけです。知人の会社が5、6年前に就職カレッジ®のサービスを利用していました。そこでジェイックの企業担当と仲良くなり、紹介してもらうことになりました。

  

2. 集団面接会に参加されたきっかけを教えてください。

弊社の理念に共感し、仕事に全力で取り組んでくれて、かつ肝の据わった方を採用したいと考えていました。その時、知人から、「根性のある人を採用したいならジェイックが良い」と勧められたのです。その後、集団面接会の見学で、挨拶の迫力に圧倒される一方で、一人ひとりと実際に話してみると、素の部分が垣間見えるところに好感を感じたため、集団面接会への参加を決めました。

  

3. 採用の際、工夫されていることはございますか?

弊社の社風に合うかどうか、という点を注意して判断しています。そのために1番大切な事は、本人の大切にしていることや考え方、といった””の部分です。ですので、普通の面接で聞くような質問はせず、素の部分が垣間見れるようなことを聞きます。
また、面接時に弊社に”興味がある”という状態から、”入社したい”と思うまで、志望度を高める力も必要だと考えています。例えば、会社説明をくだけた雰囲気で話すことで、親しみを感じてもらい、志望度を上げてもらえるようにしています。

  

4. 特に集団面接会で採用する際、重視しているポイントがあれば教えてください。

第一に重視しているのは、弊社に興味を持っているかどうかです。
その次に、「ジェイックの研修で何を学んでいるか、自信になっているか」を聞きます。辞める人がいるほどの厳しい研修の中で、「やりきった!」と言える方の言葉は重みが違いますし、これから一緒に働く中で、行動力や瞬発力を発揮できると思います。また、そういった方の方が土壇場に強いとも感じています。

  

5. 採用を決める基準は何ですか?

素直さですね。弊社はフリーのエンジニア派遣という事業内容から、自由な発想が求められます。自立した上での自由が求められています。基礎の上に、自分なりのアレンジを加えて自由なスタイルを作っていけるのは、言われたことを真摯に受け止めることができる、素直な方だと考えています。

  

6. 入社直後の新入社員をどのように教育されていますか?

カレッジ卒業生の三上を新人教育係にして、その下で3ヶ月学んでもらいます。三上は社内の規定マニュアルを作るなど、細かいところまで目を配ることができるので、教育係を任せているんです。
また、それとあわせて、社員が社長に向けてしっかり意見を発してもらえる関係性を構築するよう心掛けています。大きい問題は社長に、日常的な事は社員に聞けるようにし、「わからないことを誰に聞いたら良いかわからない」という状況は絶対に作らないよう日々工夫しています。

  

7. 入社したカレッジ生が定着・活躍されている理由は何だと思いますか?

「カレッジ」の厳しい研修を”やりきった”という自信があることでしょうか。

他の紹介会社経由で採用した方の内、辞めた方は3人いますが、ジェイックから紹介していただいた就職カレッジの卒業生全員在籍しています。就職できず、悩みながら「カレッジ」を受講し、辛いことを乗り越えた経験を積んでいるから、踏ん張って頑張れているのだと思います。弊社の業績が苦しい時期にも、一丸となって立ち向かってくれていました。そのような経験を経ているからこそ、次期リーダー候補になるほどの活躍をしている方が多いように思います。厳しさを突き付け、甘くないことを教えてくれるのが就職カレッジ®の良い点だと思います

  

8. 最近入社されたカレッジ卒業生の小津さんについて、何かエピソードがあれば教えてください。

初めは悩むことも多かったのですが、今では新規のアポイント月40件くらい獲得し、訪問するまでに成長しています。
小津さんは教えたことを飲み込むまでは時間がかかるのですが、考えて行動するので一度飲み込んだら理解が深いです。そして、深く理解した上で質問をするので、お客様真剣に答えてくださいます。そのため、訪問を繰り返し行い、3ヶ月後に契約を取る、ということの積み重ねをしてくれています。

  

9. 最後に、御社ならではの制度やマネジメントの工夫などがあれば教えてください。

評価は、自己申告制の目標設定を通して行っています。自己申告制なので、高い設定、低めの設定など人によって様々ありますが、オリジナリティをもって作り上げることが重要と考えているので、個性として受け止めています。

マネジメントの面では、日頃のコミュニケーションを重視しています。これはリーダー陣にも伝えていることで、かしこまった面談ではなく、普段から会話をすることで、一人一人の弱点を理解し、チームで補い合うことが大事だと考えているからです。

他の参加企業の一覧


こんなことを
お考えでしたら、
お問い合わせ
ください。
  • 20代、30代若手からの応募が少なく、吟味して採用できない
  • 若手応募者の質が低下してきており、内定基準に達する人に出会えない
  • 内定を出したのに、辞退されることが多い
  • 若手は採用したいけど、そんなに採用にかけられる時間がない
  • 久しぶりの若手採用。今ドキ若者の社内育成のノウハウが無くて不安
※ その他、若手採用、定着、活躍についてでしたら、どんなことでお問い合わせくださいませ。
詳細を問い合わせる