20代採用に強い人材紹介|株式会社ジェイック

無料レポート
はこちら

採用成功企業の声

皆、活躍していて『うちの会社を伸ばす原動力』であることに間違いありません

株式会社明伸通信
代表取締役
鈴木 竜一郎様
  • 営業カレッジ

株式会社明伸通信
エリア 東京
設立 2001年
従業員数 33名
サービスサイト ホームページはこちら
事業内容 OA機器などの商社
課題 応募者が少なく、定着しない

株式会社明伸通信のインタビュー

これまでの採用活動でのお悩みを教えて下さい。

やっぱり一番大きかったのは、定着率の問題ですね。それと、そもそも人を集める母数の問題というか、面接まできていただく母数が集まらない、というのが悩みでした。

集団面接会に参加した経緯を教えてください。

一番最初はFAXだったと思います。それがたまたま目に留まって、集団面接会を見てみたいな、と思って連絡したんです。それで、ジェイックの営業マンから話を聞いて、「じゃあ一回言ってみようか」と。

ジェイックは、第二新卒者に対して営業を教えていて、飛び込みの研修までやっているのだから、僕が悩んでいる「定着のミスマッチ」とか「営業に対するミスマッチ」をだいぶ埋められるんじゃないか、と思いましたね。

実際、集団面接会に参加してみて、いかがでしたか?

研修生はみんな勢いがあるというか、みんなが現役の営業マンに見えちゃいましたね。あそこまで目をキラキラさせて、自己紹介できて、やりたいことを言える子って、紙の広告媒体で募集したときは100人に1人とかしか現れなかったと思うんですよ。
それがジェイックの集団面接会に来たら、「なんだ、いっぱいいるじゃないか」と。これには衝撃を受けましたよ。

営業カレッジ卒業生は未経験者ばかりですが、大丈夫だったのですか?

それは、あまり気にしていませんでした。僕にとっては、「ミスマッチがなくて、一緒に手をつないでやっていける」ということが一番重要だったので。

営業カレッジ®のシステムについては、どう思いましたか?

あとは、入社後のフォローアップ研修は良いと思います。入社した若者たちは、企業というクローズされた世界の中で、いろいろな壁にぶちあたりますよね。そんな時に、悩みをうまく吐き出せる場がジェイックにあって、フォロー研修とかで初心に帰れて、またやる気を出して会社に戻ってくるっていうのはいい循環だと思います。要望としては、保証枠がもっと広がるといいなと思います。

ご採用いただいた皆さんは頑張っていますか?

採用した若者たちはみんな活躍していますよ。少し紹介しますと、まず、営業カレッジ®から最初に採った、入社6年目の菊池は、営業で成果を上げて、今は大宮支店でマーケティング責任者をやっています。彼の成長が当社の成長といっても過言ではないぐらいです。その菊池を支えているのも、稲林という営業カレッジ®の卒業生。彼もしっかり頑張ってくれています。

営業はというと、入社4年目になる阿久津という人間が、 「将来のウチのエースになること間違いなし」という人材です。過去の営業記録を塗り替えていくのは彼だろう、と大いに期待しています。

阿久津以外の営業では、入社半年の和田という社員もいるのですが、彼もすごく頑張っているので、今年の秋ぐらいには一人立ちできることを期待しています。

内勤の社員でも、トップ営業マンを支えている女性とか、バイトの管理をしっかりしてくれている社員とか、営業カレッジ®の卒業生は皆、大きなものを担って頑張ってくれています。

とにかく、営業カレッジ卒業生は全員、「うちの会社を伸ばす原動力」であることに間違いありません。

当社は、「100年成長し続ける企業」を目指しているのですが、彼らの力なくして成長し続けることはできないと思うので、これからもみんなで力を合わせて、勉強して、一緒に成長していきたいと思っています。

JAICがこれまでに培った知識と経験をレポートにまとめました。
皆さまの企業にきっと役に立つレポートが無料でダウンロードできます。

無料レポート