若手採用に強い人材紹介|株式会社ジェイック

お役立ち情報

20代の人材採用から定着まで徹底サポート

社員の仕事に対するモチベーションを上げる企業の取り組み

2017年01月17日

  • 事例
  • モチベーション
  • 人事
社員の仕事に対するモチベーションを上げる企業の取り組み

従業員の仕事に対するエンゲージメントは、それぞれのモチベーションにかかっていると言っても過言ではありません。社員のモチベーションが著しく低下してしまうと仕事のパフォーマンスが落ちてしまうことはおろか、離職率の高まりにもつながります。そのため、社員のモチベーション向上や維持に頭を悩ませている経営者、人事担当者は少なくないでしょう。明確な答えがない問題だからこそ、各企業はさまざまなアプローチで社員のモチベーション上げることに取り組んでいます。今回は、このような企業が行っている社員の仕事に対するモチベーション向上施策を4つご紹介します。


【1】コミュニケーションを活発にする


コミュニケーションを活発にする

仕事は、人と人が協力して行うものです。いかなる業種においても、活発なコミュニケーションがスムーズな仕事には不可欠と言えます。もちろん、社員のモチベーションを高く維持するためにも、コミュニケーションは大切です。

モチベーション低下につながる最たる要因の1つが「職場でのストレス」です。職場の対人関係によるストレスは、主にコミュニケーション不足から発生します。コミュニケーションが豊かな現場であれば、社員は意見のすれ違いから生まれるストレスを回避し、伸び伸びと仕事ができるでしょう。さらに円滑なコミュケーションでチームとして仕事をしている実感が生まれれば、社員同士の相乗効果によるモチベーション向上も期待できます。また、良い仲間に恵まれたと、職場に対して帰属意識を持つかもしれません。

コミュニケーションを活発にするためには、上司が社員一人一人の成果をナチュラルに褒めることができる空気づくりも非常に重要です。直接、報酬に影響することはなくても、日々の業務の中で上司から細かく褒められていれば、社員の仕事ぶりは変わってくるものです。会話の中から、部下のポジティブな側面を意識的に見つけるようにしましょう。


【2】明確な評価制度を確立する


明確な評価制度を確立する

社員の仕事に対するモチベーションの維持・向上に大きな影響を与える要素が報酬です。そのため、報酬アップにつながる評価制度を明確にすることは、社員が真摯に仕事へと取り組む直接の動機を与えることとなります。逆に、評価制度を曖昧なままにしておくと、社員の仕事への取り組み方に迷いや、バラつきが生じてしまいかねません。

そして、社員の評価を報酬以外で示すことも、モチベーションを上げるために有効です。社内で業績を表彰するイベントを行っても良いでしょう。数字で業績を表せない部署に対しても、努力している社員を積極的に評価してください。

一方で、組織全体のモチベーション向上を図るためには、報酬アップや表彰に至らなかった社員へのフィードバックも重要となります。社員の「次こそは」という意識を誘発し、組織の中における良い意味での競争を生み出しましょう。


【3】数年後の自分を想像させる



長期的にモチベーションを維持するためには、社員に対してキャリアプランを明示することも重要です。管理職の方は、社員それぞれの目標やキャリアプランを把握しておきましょう。ここでもコミュニケーションが重要となります。スキルアップを望んでいる社員には研修を受けさせるなど、キャリア形成のサポートを積極的に行いましょう。

また、「この会社で頑張ればこうなれる」というポジティブなイメージを分かりやすく提示するため、管理職の「自分自身が社員の理想像であり続ける」という意識も大切です。社員のモチベーションを考える前に、時には「自分のモチベーションは維持できているか」「充実したワークライフバランスを保っているか」といった問題を考えてみてください。


【4】「オフ」へと切り替えられる環境の整備



社員に対し、勤務時間のすべてにおいて100%のモチベーションを期待するのは現実的ではありません。エンゲージメントを強制してしまうと、かえってパフォーマンスが低下してしまう恐れもあります。社内にリフレッシュスペースを設けるなど、仕事への意識を「オフ」にできる環境づくりも大切です。

健康な身体と心で仕事をするためには、福利厚生といった要素も影響してきます。「良い仕事ぶりは良いプライベートから生まれる」ということを忘れず、社員が充実して生活を送るための配慮を心掛けましょう。


おわりに



ほんの一例ではありますが、社員のモチベーションを上げるために企業ができる取り組みをご紹介しました。人事担当の方は、今回ご紹介した内容を参考に、それぞれのシチュエーションにおいて有効なモチベーション向上施策を検討してみてください。「社員の未来を第一に考える」ということを忘れなければ、社員一人一人が今いる会社で働くメリットを見いだしてくれることでしょう。
20代の人材採用から定着まで徹底サポート

こんなことを
お考えでしたら、
お問い合わせ
ください。
  • 34歳以下の若手から応募が少なく、吟味して採用できない
  • 若手応募者の質が低下してきており、内定基準に達する人に出会えない
  • 内定を出したのに、辞退されることが多い
  • 若手は採用したいけど、そんなに採用にかけられる時間がない
  • 久しぶりの若手採用。今ドキ若者の社内育成のノウハウが無くて不安
※ その他、若手採用、定着、活躍についてでしたら、どんなことでお問い合わせくださいませ。