若手採用に強い人材紹介|株式会社ジェイック

お役立ち情報

20代の人材採用から定着まで徹底サポート

キャリア採用とは?経験者採用で失敗しないための事前準備

2015年09月29日

  • 定着
  • 中途
  • 人事
キャリア採用とは?経験者採用で失敗しないための事前準備
自社で1から育成できる新卒社員は魅力的ですが、社会人経験のない新卒社員には新入社員研修を実施する必要があります。新卒社員が一人前に成長するまで時間を要するため、即戦力となる経験者は貴重な存在です。しかし、業務増加に合わせて経験者を採用したものの、期待通りの成果を上げられないケースも少なくありません。今回は、経験者採用で失敗しないための事前準備についてご紹介します。


キャリア採用とは





「キャリア採用」とは、即戦力として働いてもらうために、求める職種に対して一定のスキルや経験を持つ人材を対象とした採用のことです。会社設立から日が浅く、教育する余裕がない場合や退職者に代わる人員の補充をする場合などに適しています。




経験者採用で失敗しないためのポイント





経験者採用の事前準備として、以下の3つのポイントを押さえてください。

求めるスキルや職歴を明確にする
自社が求める実務経験やスキル、職歴などを明確にしてください。求める人材像を明確化することによって、インターネットや紙媒体(新聞・雑誌)によるターゲットを絞った人材募集の告知が可能になります。
人物像がはっきりしていないまま採用を進めた場合、ターゲットとする人材を集められないだけでなく、入社した社員が思い描いていた職場環境と実際の職場環境とのギャップに戸惑い、モチベーションが低下したり、能力を発揮できなかったりする事態も考えられます。

社風やカルチャーを確認する
普段意識する機会の少ない社風やカルチャーについても確認することをおすすめします。役割分担がはっきりしている会社、明るくアットホームな会社、あるいは実力主義で役職間に垣根のない会社など、会社によって社風やカルチャーはさまざまです。
同じスキルを持つ人材でも、社風やカルチャーによってマッチする人材は異なります。例えば、個人で業務を遂行することが多い職場は、チームプレイを好む人材にとっては働きづらく、不満やストレスを感じる可能性があります。

また、自社ならではの特徴をアピールすることによって、他社との差別化を図り、応募者に自社を印象付けることも重要です。他社の募集要項を比較して、どのように差別化できるかを考えましょう。

実務経験やスキルだけではなく人柄や性格も見る
採用の際に見るべきポイントは実務経験やスキルだけではありません。人柄や性格にも目を向ける必要があります。
例えば、複数部署にまたがるプロジェクトに関わる職場であれば、部署間のやりとりをスムーズに進められる温和な人柄が必要です。一方、現状に満足せず職場をより良くしたい場合は、現状の業務を見直して改革を進められる積極的な人柄がマッチします。
望ましい人柄・性格を把握するため、採用前に配属予定部署に対してヒアリングを実施しても良いでしょう。


おわりに



今回は経験者採用で失敗しないための事前準備についてご紹介しました。キャリア採用を成功させるためには、採用前の準備が重要です。会社の業績に直結するキャリア人材の採用を最優先プロジェクトと捉え、必要なスキル、性格やパーソナリティーなどの求める人物像を明確にした上で採用計画を立てましょう。

また、優れた人材を採用するためには忍耐強く採用活動を行う必要がありますが、緊張感を持って採用活動に取り組むために採用活動期間を決めることも重要です。
「いつか良い人材を採用できるだろう」という考えでは、採用活動の長期化・採用コスト増大につながります。時間的な制約がある中で「何としてでも良い人材を採用したい」という採用担当者の強い気持ちが応募者の心を動かし、採用活動の成功につながるのです。

20代の人材採用から定着まで徹底サポート

こんなことを
お考えでしたら、
お問い合わせ
ください。
  • 34歳以下の若手から応募が少なく、吟味して採用できない
  • 若手応募者の質が低下してきており、内定基準に達する人に出会えない
  • 内定を出したのに、辞退されることが多い
  • 若手は採用したいけど、そんなに採用にかけられる時間がない
  • 久しぶりの若手採用。今ドキ若者の社内育成のノウハウが無くて不安
※ その他、若手採用、定着、活躍についてでしたら、どんなことでお問い合わせくださいませ。