若手採用に強い人材紹介|株式会社ジェイック

お役立ち情報

20代の人材採用から定着まで徹底サポート

営業代行とはここが違う!人材紹介による営業派遣のメリット2つ

2016年07月19日

  • 採用市場
  • ノウハウ
営業代行とはここが違う!人材紹介による営業派遣のメリット2つ


自社商品を売り込むためには、営業部隊が必要です。優れた商品を開発したり、革新的なサービスを創造したりしても、その商品やサービスを顧客にアピールする人員がいなければ売り上げには結び付きません。
営業職の人員が足りないことに危機感を持つ方も少なくないでしょう。営業の人員不足を補うためには、営業代行や営業派遣を利用する方法があります。どちらも聞いたことはある言葉だと思いますが、どのような違いがあるかご存じでしょうか。今回は、営業代行と営業派遣の違いと、営業派遣を利用するメリットについてご紹介します。



営業代行と営業派遣の違い


営業代行と営業派遣の違い

「営業代行(営業アウトソーシング)」
とは、営業代行会社に営業活動の一部を代行(業務委託)してもらい、報酬を支払う仕組みです。

営業代行会社は営業のプロをそろえており、求められた成果を出すために営業活動を行います。営業活動の内容は契約ごとに異なり、単にアポイントを取るだけの場合もあれば、クロージングまでを代行する場合もあります。
営業マンを統率する指揮命令権は代行会社にあるため、依頼元の企業は営業マンのマネジメントは不要ですが、業務上の指示もできません。

一方、「営業派遣」とは、人材派遣・人材紹介をする会社から営業マンを派遣してもらうことです。営業派遣の場合、営業マンの業務範囲は個別の派遣契約で定められ、営業活動の一部を受け持つこともあれば、企業の営業活動全体に関わる場合もあります。
指揮命令権は派遣先企業となるため、マネジメントの必要はありますが、営業マンに対して細かく指示や命令が出すことが可能です。



営業派遣のメリット


営業派遣のメリット

営業代行会社には、営業ノウハウを持つ営業マンがそろっており、委託した「成果」は必ず達成されるという強みがあります。自社に営業ノウハウがなかったり、新規事業などで経験のない業界に対して営業活動を行ったりする場合には、営業代行の活用は効果的です。
しかし、必ずしも営業代行の利用が成功するとは限りません。営業代行と併せて営業派遣の利用も選択肢の1つに入れておくことをおすすめします。

営業派遣には、以下の2つのメリットがあります。

【営業派遣のメリット1】コストを低く抑えられる
営業代行と比較して、一般的に営業派遣は金額を低く抑えられます。営業代行では契約ごとに業務内容が異なり、業務範囲が広くなればなるほど報酬は高額になります。
例えば、アポイント取りからクロージングまでの一連の営業活動を代行させる場合、ある程度の費用は覚悟しなければなりません。

また、アポイント取りだけを代行させる場合も、アポイント取り以降の営業活動を行うためには自社の営業マンを稼働させることが必要です。売り上げを上げるまでに、代行にかかる費用と自社の工数が発生します。営業派遣であれば、営業活動に携わる範囲を自社で決められるため、コストを低く抑えて売り上げ達成を実現できます。


【営業派遣のメリット2】自社に合った営業方針を求めることができる
派遣された営業マンを直接マネジメントすることにより、社内で細かいフォローができます。営業活動の仕方が社内でルール化されている場合や、客先の情報を常に共有しておく必要がある場合などは、営業代行会社に業務委託してしまうとうまくいかない場合があります。
営業の方法やプロセスなどを自社内で管理したい場合は、営業派遣を利用する方がスムーズに業務を進められるでしょう。



おわりに


営業は、企業の命運を握っています。営業業務を一括してアウトソーシングすることも1つの方法ですが、費用が高額になる可能性もあるため、どこまでを代行してもらうかを良く考えなければなりません。コストを低く抑え、自社に合わせた営業活動を行う場合は、営業派遣の活用をおすすめします。
20代の人材採用から定着まで徹底サポート

こんなことを
お考えでしたら、
お問い合わせ
ください。
  • 34歳以下の若手から応募が少なく、吟味して採用できない
  • 若手応募者の質が低下してきており、内定基準に達する人に出会えない
  • 内定を出したのに、辞退されることが多い
  • 若手は採用したいけど、そんなに採用にかけられる時間がない
  • 久しぶりの若手採用。今ドキ若者の社内育成のノウハウが無くて不安
※ その他、若手採用、定着、活躍についてでしたら、どんなことでお問い合わせくださいませ。