若手採用に強い人材紹介|株式会社ジェイック

お役立ち情報

20代の人材採用から定着まで徹底サポート

中途採用(転職者)の年収はどう決める?給与交渉の方法や流れ

2016年10月04日

  • 採用市場
  • 中途
  • 人事
転職者の年収はどう決める?中途採用の給与交渉について

最近では転職も一般的になってきており、中途採用を実施することによって、人材確保や職場活性化を図ろうとする企業も増えてきました。人事担当者の悩みの1つは、転職者に提示する年収ではないでしょうか。
中途採用者の給与は年齢や学歴だけでなく、これまでの職務経験や前職での給与などを考慮する必要があり、年収を決定するときに迷われる担当者の方も少なくありません。今回は、中途採用の給与の決定方法及び給与交渉のポイントについてご紹介します。


中途採用者の給与設定の難しさ



中途採用者の給与設定の難しさ

新卒採用の場合、企業は自社の企業規模や同業他社の初任給水準に応じた基本給を設定します。就活生は求人情報で事前に給与水準を確認し、他社と比較をした上で採用試験を受験します。
同期入社の社員は皆、同じ給与からスタートすることが新卒採用の特徴です。これは入社時点での年齢や能力(職務経験なし)には大きな差がないと考えられるためです。

一方、中途採用の場合、ある程度、給与に幅を持たせて募集します。応募者の年齢、学歴、職務経験、前職での年収など、さまざまな要素を考慮しなくてはならず、一律の給与設定は難しくなります。


具体的な給与の決定方法



それでは、具体的に中途採用者の給与をどのように設定すれば良いのでしょうか。
給与設定にはさまざまな方法がありますが、1つ目の方法は前職の給与をベースにする方法です。あらかじめ前職の給与をヒアリングしておき、応募者と年齢・学歴・ポジションが近い社員の給与水準を参考にしながら決定します。

2つ目は、年齢をベースに給与を決定する方法です。社員の年齢に応じた給与テーブルを応募者に当てはめ、給与を決定します。前職での実務経験によって給与を決定する場合、自己アピールのうまさによって印象が変わってきますが、年齢は客観的な指標であるため、公平性に優れた方法です。
ただし、若年の転職者の場合、給与が少なくなってしまいます。また、能力など年齢以外の面が給与に反映されない点を不満に感じる転職者もいるでしょう。

3つ目は、過去の実績や面接時の評価をベースに給与を決定する方法です。3つの給与決定方法の中で、最も給与に差が出る方法です。若年の転職であっても、過去の実績やコミュニケーション力がある応募者は高く評価します。

ここまで3つの方法を挙げましたが、実際には前職の給与や年齢、過去の実績、スキル、コミュニケーション力など、単一項目ではなく、複数の項目を加味して給与を決定することがほとんどです。例えば、年齢をベースに転職者の給与を決定する企業であっても、優れたスキルや過去の実績を持つ転職者には高い給与を提示することがあります。


応募者と給与交渉する際のポイント



応募者と給与交渉する際のポイント


転職者はできる限り高い給与をもらいたいと思っています。面接中や内定後に給与について交渉を持ち掛けられることもあるでしょう。
社内の給与テーブルに基づいて給与が決定するため、応募者との給与交渉には応じないという企業もあれば、応募者の実力を見てから判断するという企業もあります。


年収が今よりもダウンする場合、転職を思いとどまろうとする応募者もいるでしょう。相手が期待する年収を提示できないときは、「実績を残すことで次年度以降年収を増やせること」「どの程度のパフォーマンスを発揮すれば、どれくらいの年収を目指せるか」を伝えることで納得してもらうようにしましょう。


おわりに



給与は働く際のモチベーションの1つです。応募者が考えている給与と企業が想定している給与に大きな開きがある場合、応募者が転職後にストレスを感じる原因にもなります。
社内の給与水準を参考にした上で、応募者と企業の双方が納得できる給与に設定することが重要です。
20代の人材採用から定着まで徹底サポート

こんなことを
お考えでしたら、
お問い合わせ
ください。
  • 34歳以下の若手から応募が少なく、吟味して採用できない
  • 若手応募者の質が低下してきており、内定基準に達する人に出会えない
  • 内定を出したのに、辞退されることが多い
  • 若手は採用したいけど、そんなに採用にかけられる時間がない
  • 久しぶりの若手採用。今ドキ若者の社内育成のノウハウが無くて不安
※ その他、若手採用、定着、活躍についてでしたら、どんなことでお問い合わせくださいませ。