若手採用に強い人材紹介|株式会社ジェイック

お役立ち情報

20代の人材採用から定着まで徹底サポート

面接官としての心得3つと採用面接の質問

2017年10月16日

  • 中途
  • 人事
  • ノウハウ

採用面接は対話!面接官としての心得3つとお さえるべき基本の質問



採用面接においてのどのような質問を問うかは人事担当にとって大きな課題ではないでしょうか。採用面接の内容によっては見えてくる、面接者の人間性が異なることもあります。今回は面接官にとって採用面接を行う際の心得や実際の質問内容をご紹介します。



採用面接の目的

採用面接を行う目的をご存じですか?その名の通り自社の戦力となる人材を探し出すということです。しかし、他にも面接官が採用面接で行う重要な目的が2つあります。


面接者を口説く

面接者は多くの場合、複数の企業へ向けて就職活動を行います。自社で欲しいと思う人材は、他社も欲しいのです。誰もが知る最大手企業であれば口説かなくとも一定数の人員は確保できるかもしれません。しかしそれ以外の企業は強く願っているだけでは、優秀な人材はやってきません。入社することで得られるメリットを話すことはもちろん。どれほど面接者に魅力を感じ興味を持っているのかを伝えるのが一番効果的な方法です。


採用後のミスマッチ防止

人事担当にとって、新入社員の早期退職は頭を抱える問題です。採用前に防ぐには面接でのケアが必要不可欠なのです。ミスマッチの大きな原因のひとつは、入社前と入社後のイメージの違いです。先ほど、面接者を口説く必要があるとご説明しましたが、ミスマッチ防止のためには自社のメリットばかりを話すのはおすすめできません。例えば、短期間でキャリアアップが狙える企業の場合、一見すると社歴に関係なく実績で判断する好印象を持ちます。しかし若い社員にもチャンスが多い分、早くから責任を負う立場になったり、自身の成長が問われたりと、マイナス的要因も併せて伝えましょう。



面接者に好印象を与え面接を円滑にすすめる

面接の目的は面接者を口説くことも含まれるとお話しましたが、口説く上で欠かせないのが、面接官の印象です。企業にとって面接官とは、面接者と関わる唯一の立場です。同時に面接者にとっても直接会話のできる社内で唯一の存在です。言わば、面接者は面接官の人となりで企業イメージを決定し兼ねないということです。人事担当の方であれば『メラビアンの法則』という言葉を一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。第一印象は初めて顔を合わせてから3~5秒で決定し、相手の印象を左右するほとんどの要因が見た目にあるという発表です。



メラビアンの法則

服装や表情、視線やボディーランゲージを含む視覚的な情報が半分以上を占め、次いで声色や話し方などを指す聴覚情報が38%。面接において重要ともとれる会話の内容は1割にも満たないというものです。面接を受ける側においても、第一印象を決定する要因は変わりません。面接官も面接されている立場であるという意識のもと、身なりや話し方などに注意しなくてはなりません。以下3つは面接者が好印象だと感じた面接官の行動です。



1. 面接官が終始笑顔

基本的なことであり、最も重要なことでもある面接官の表情。メラビアンの法則からも分かるように、目で見た情報に人間は左右されがちです。文字にすると問題ない面接内容であったとしても、高圧的な態度で質問を投げかけられただけで圧迫面接と錯覚するかもしれません。


2. 事前に応募書類を確認

履歴所などを読み込んでくれていると感じると、面接官は自分に興味を持っているという心理なり印象が上がります。面接者が多い場合はなかなか難しい部分もあるかと思いますが、履歴書のポイントを抑え質問に交えるのも良いでしょう。


3. 助言や改善点の提案

面接内容を振り返ったアドバイスを最後に伝える企業もあります。フィードバックは、今後の就職活動に活かせ、入社後に上司からどのように指摘を受けるかという具体的なイメージにも繋がります。初めての面接であったり、転職活動など1人で面接対策をしていたりする面接者にとっては心に残る面接になるのです。採用が決まればともにコミュニケーションをとりながら業務をすすめることはもちろん想定されます。また、採用に至らなかった場合も取引先の社員になる可能性も0ではありません。悪い印象を与えることは簡単ですが、企業の未来を考えてみても、面接官は好印象であるべきだと言えます。



基本的な質問

面接開始直後、面接者は非常に緊張しています。面接という限られた時間の中で入社に対する熱意や面接者の根本的な性格を汲み取るためには、緊張が邪魔になってしまいます。リラックスを促すためにも、開始直後は王道の質問をふるようにしましょう。履歴書の内容を補足するようなものも良いです。


・自己紹介をお願いします。

・志望動機を教えてください。


ほとんどの面接でこの2問のうちどちらか、あるいは両方を投げかけます。一般的にも広く浸透している質問なので、面接者もあらかじめ準備していることは明白です。前職がある場合は以下の質問も投げかけてみましょう。


・前職の退職理由を教えてください。

・職務経歴をお話ください。


前職の退職理由を聞くことで、自社で同じことの繰り返しにならないかを判断することができます。また、退職理由は面接者が勤務する上で特に重要視しているポイントともとれます。



中盤の質問

面接者が普段のパフォーマンスを発揮できる環境が整ったところで、採用の要となる質問をします。志望動機や自己紹介に比べ、核心に迫った内容を採用しましょう。


・ご自身の強み(長所)、弱み(短所)をお話ください。

・弱み(短所)を改善するためにしていることを教えてください。

・成功(失敗)体験を教えてください。

・入社後のキャリアプランはありますか?

・最近関心のあるニュースはどのようなものですか?

・どのような人を苦手(好き)と感じますか?


中盤は面接者の過去、現在、未来に関する質問が多く投げかけられます。変えることのできない過去から何を学び、現在に至るか、また今後の展望を聞くことで意欲的な人物か判断できるからです。また、現在について問うことで面接者の普段を推測することもできます。



終盤の質問

終盤は実際、採用に至った場合、入社する意思があるか、企業研究が適切に行われているかなど、込み入った質問をします。基本から中盤と面接をした中で、採用したいと思える人材であれば重点的に確認しましょう。


・あなたを採用することで弊社にどのようなメリットがありますか?

・勤務地や給与の希望はありますか?

・他に志望している企業や職種、業界はありますか?

・弊社の競合他社をご存じですか?

・経験を活かすのであれば弊社でなくとも良いのではないでしょうか?


これまでの質問よりも視野を絞り、答えにくいものばかりです。ここでは答えた内容そのものに意味を持ちますし、切り返し方も判断基準にします。企業研究が不十分であれば質問に詰まることも想定されます。十分に行われていないということは入社意欲も低く、ミスマッチの可能性が上がることも考えられます。



質疑応答

質疑応答


質疑応答の主な目的は、面接者の不安を取り除くことです。しかし最近ネット上などにも『面接官にウケる逆質問』などといった特集が組まれています。確かに、質問を用意していなかったり、給与や残業時間ばかり気にしていたりするとあまり良い印象を持てません。しかし、質問内容だけで合否を判断しないようにしてください。質疑応答は初めから質問者の意思で発せられた言葉が出ます。口調や言葉のチョイスなどは実際に入社した後の人間性も現れる場面ですので、参考にしましょう。一般的にNGとされる質問内容でも、つい答えたくなってしまう話し方をするような面接者であれば優秀な人材とも判断できます。



おわりに

今回は一般的に広く用いられる質問を中心にご紹介しました。最近では奇をてらった、今までにない質問も多くでています。業務を行う上で発生してしまった不足の事態に対応できるかなどをチェックするためのものですが、そのような質問だけを投げかけるのはおすすめできません。採用面接での質問は面接者の応用力を判定するとともに、業務にあたる姿勢やサーチ力も見ることができます。緊急事態への対応や斬新な発想は大切ですが、実際の業務とのバランスが良い面接者も優秀な人材であると言えます。面接官は限られた時間の中で優秀な人材を見つけ出し、かつ自らを売り込む必要もあり、高度な技量を要します。一日に何名もの面接者を対応する場合、疲弊することもあるでしょう。しかし、面接者にとって事情は一切関係ありません。面接官はいかなるときも感情的にならず、冷静な見極めが重要です。

20代の人材採用から定着まで徹底サポート

こんなことを
お考えでしたら、
お問い合わせ
ください。
  • 34歳以下の若手から応募が少なく、吟味して採用できない
  • 若手応募者の質が低下してきており、内定基準に達する人に出会えない
  • 内定を出したのに、辞退されることが多い
  • 若手は採用したいけど、そんなに採用にかけられる時間がない
  • 久しぶりの若手採用。今ドキ若者の社内育成のノウハウが無くて不安
※ その他、若手採用、定着、活躍についてでしたら、どんなことでお問い合わせくださいませ。