若手採用に強い人材紹介|株式会社ジェイック

お役立ち情報

20代の人材採用から定着まで徹底サポート

見落としてませんか?社員紹介制度で採用する際の人事のお仕事

2016年11月29日

  • 中途
  • 人事
  • ノウハウ

見落としてませんか?社員紹介制度で採用する際の人事のお仕事



リファーラルリクルーティングとも呼ばれる社員紹介制度は、社員から人材を紹介してもらうことにより、自社が求める人材を獲得できる採用方法として最近脚光を浴びています。今回は、社員紹介制度のメリットと制度を導入するときの人事担当者の仕事についてご紹介します。


社員紹介制度とは



社員紹介制度とは、自社社員に友人や知人などを紹介してもらう採用方法です。社員紹介制度は経験者採用でよく用いられ、採用に結び付いた場合は紹介者に対してインセンティブが支払われることが一般的です。



社員紹介制度のメリット



社員紹介制度のメリット


【メリット1】マッチング率と定着率の向上
通常の採用選考であれば、筆記試験やエントリーシート、数回の面接で採用の可否を判断することが大半ですが、選考期間が短く、コミュニケーションの時間が不足しがちです。多数の入社希望者が集まった場合でも、コミュニケーション不足のために内定に至らないケースも少なくありません。

一方、社員紹介制度では、人材を紹介する社員が社内と紹介される人材の双方を熟知しているため、マッチング率が向上します。

また、能力の高い人材であっても、企業文化や風土になじむまでに時間がかかりますが、社員紹介制度では、紹介者を媒介することで比較的スムーズに会社になじめます

【メリット2】採用コストの削減
社員へ支払うインセンティブを含めたとしても、採用コストを抑えられることは大きなメリットです。求人誌やWeb媒体に求人広告を掲載する場合は広告掲載費用、ヘッドハンティング会社を利用する場合は採用時の成功報酬などの費用がかかります。しかし、社員紹介制度を活用すれば、そのようなコストの負担は不要です。



社員紹介制度における人事の仕事



社員紹介制度における人事の仕事


【1】制度設計
社員紹介制度の導入・運用にあたり、最初に制度設計から着手します。複雑な制度設計は必ずしも必要ではありませんが、「採用につながった際のインセンティブはどうするか」「インセンティブを支給するタイミングはどうするか」などの基礎的な事項は社内規則で定めてください。


【2】採用戦略の立案
社員紹介制度を取り入れた具体的な採用戦略を立案します。必ず、新卒者と経験者をどのような採用手法(社員紹介制度を含む)でどれくらいの採用数を確保するのかを決めてください。社員紹介制度の位置づけを明確にすることで、どの採用手法にどのくらいのリソースを割けるかを明確にすることができます。

【3】紹介率の向上
制度を導入したとしても、実際に活用されなければ意味がありません。具体的にどのように制度が社員の中で運用されるのか定期的に振り返って活用を促進し、紹介率を向上させる必要があります。社員に対して、「どういう人材を採用したいのかを明確に伝える」「スカウトの方法や紹介にあたってのポイントを伝える」ことにより、制度の活用を促進することができます。

【4】社員の負担軽減
各社員は自分の業務を抱えているため、できる限り社員に負荷をかけない仕組みの構築が肝要です。人材を紹介してくれた社員の負担が増えるようでは、人材を紹介しようとする社員がいなくなってしまいます。
システム導入による採用プロセスの簡素化も1つの方法ですが、コストや手間をかけない方法として、人材スカウト時のメールテンプレートを会社で用意することも有効です。これらのサポートを行うことにより、社員による人材紹介のハードルを下げることができます。


おわりに



採用は人事部門の仕事であり、自分とは無関係であると捉えている社員が少なくありませんが、社員が持つ社外との結び付きの重要性を理解させ、採用に生かしましょう。「マッチング率や定着率が低い」「膨らみ続ける採用コストを抑制したい」などの問題を抱えている場合は制度の導入をおすすめします。
20代の人材採用から定着まで徹底サポート

こんなことを
お考えでしたら、
お問い合わせ
ください。
  • 34歳以下の若手から応募が少なく、吟味して採用できない
  • 若手応募者の質が低下してきており、内定基準に達する人に出会えない
  • 内定を出したのに、辞退されることが多い
  • 若手は採用したいけど、そんなに採用にかけられる時間がない
  • 久しぶりの若手採用。今ドキ若者の社内育成のノウハウが無くて不安
※ その他、若手採用、定着、活躍についてでしたら、どんなことでお問い合わせくださいませ。