若手採用に強い人材紹介|株式会社ジェイック

お役立ち情報

20代の人材採用から定着まで徹底サポート

【新卒の早期退職の理由・原因】ミスマッチを防ぐ採用時の注意点

2016年03月29日

  • 定着
  • 退職
  • 新卒
ミスマッチ退職はなぜ起きる?新卒の早期離職を防ぐ採用時のポイント
時間やコストをかけて新卒の学生を採用しても、仕事を覚える前に退職してしまうことがあります。退職理由はさまざまですが、募集から採用、仕事を教えて一人前になってもらうまでの時間を考えれば、新卒の早期退職は企業にとって大きな損失です。
どのようにすれば新卒採用の早期退職リスクを低減できるのでしょうか。今回は、新卒の早期退職の原因と早期退職を未然に防ぐ採用時のポイントについてご紹介します。


早期退職の原因とは


新入社員が早期退職する主な理由として、入社前のイメージと現実の仕事とのギャップ、上司や経営者との関係のミスマッチが挙げられます。

新入社員のうちは覚えることが多く、壁にぶつかることも少なくありません。なかなか思うように仕事ができずフラストレーションを溜めたり、入社前に聞いていた待遇や仕事内容が異なったりすると、仕事にギャップを感じて退職を考える要因となることもあります。
特に近年の傾向としては、キャリア志向の退職よりも職場環境を原因とする退職が増加傾向にあり、働く環境が合っているかどうかが重視されています。


適性検査を実施する


適性検査を実施する


企業の採用選考では、しばしば適性検査が用いられます。この適性検査は受験者の仕事に対する姿勢や能力、性格の傾向を知るための指標となります。

ストレス耐性や責任感
学生生活から社会人への転換期は環境が大きく変わるため、ストレスを受けやすい状況にあります。新卒社員は、社会人としての基本的なマナーや業務内容を覚えながら新しい人間関係を構築するなど、さまざまな変化に応じながら成長していきます。ストレス下でも仕事に向き合える強さや責任感を適性検査によって見極めることで、早期退職のリスクを低減することが可能です。

業務に対する適性
分析や対人コミュニケーションを得意とする人、緻密な作業を得意とする人など、人によって異なる適性がありますが、適性検査を行うことで業務の適性を測ることができます。
適性検査は得意分野や不得意分野を判断する指標となるため、入社してから配属された部署や業務内容が合わないなどの問題を事前に防ぐことが可能です。


面接時に注意するポイント


面接時に注意するポイント


将来の新入社員となる学生と企業が顔を合わせる面接。ここでは書類上では判断できない人柄や熱意などを見ることができます。学生の自己PRや経歴はもちろん、入社後の早期退職リスクを減らす面接のポイントもおさえておきましょう。



豊富な情報提供や活発な質疑応答で入社後のギャップを解消する
面接は、受験者側だけでなく企業側のアピールの場でもあります。企業の仕事内容や職場環境があまりにも現実と異なる情報を与えてしまうと、実際の環境にギャップを感じ早期退職に至る場合もあります。
面接では、適切な情報提供で正しい理解を受験者に促し、実際の業務内容や職場環境、企業の将来像を共有しながら受験者のモチベーションをコントロールすることが大切です。

面接に配属先のメンバーを混ぜる
面接時には、配属予定先のメンバーを面接官として同席させ、相性を見ることもおすすめです。チームで仕事を行うことが多い場合、雰囲気になじめず仕事へのモチベーションが低下し、早期退職へとつながることがあります。
入社3ヶ月以内の早期退職の理由では、上司やメンバーとの関係が大きな要因となっているため、面接であらかじめ現場との相性を確認しておくと良いでしょう。

おわりに
職場全体の士気低下にもつながるため、新卒社員の早期退職リスクはできる限り減らしたいものです。企業説明会や面接、適性検査の実施など選考を工夫し、情報を適切に伝えることで企業と学生のミスマッチを防ぎましょう。
20代の人材採用から定着まで徹底サポート

こんなことを
お考えでしたら、
お問い合わせ
ください。
  • 34歳以下の若手から応募が少なく、吟味して採用できない
  • 若手応募者の質が低下してきており、内定基準に達する人に出会えない
  • 内定を出したのに、辞退されることが多い
  • 若手は採用したいけど、そんなに採用にかけられる時間がない
  • 久しぶりの若手採用。今ドキ若者の社内育成のノウハウが無くて不安
※ その他、若手採用、定着、活躍についてでしたら、どんなことでお問い合わせくださいませ。