若手採用に強い人材紹介|株式会社ジェイック

お役立ち情報

20代の人材採用から定着まで徹底サポート

転職の「売り手市場」、優秀な人材が確保できない採用担当者の悩み

2016年12月13日

  • 中途
  • 人事
  • ノウハウ

転職の「売り手市場」、優秀な人材が確保できない採用担当者の悩み



経験者採用も一般的になってきましたが、売り手市場が続いています。求人に対して企業が求める人材が集まらないなど、中小企業の採用活動は大変厳しい状況です。今回は採用担当者の悩みと経験者採用を成功させるためのポイントをご紹介します。


売り手市場が続く転職市場



経験者採用の求人数は近年上昇していますが、経験者採用を行った約半数の企業が人材を確保できなかったとする調査結果もあるなど、転職市場は売り手市場が続いています。経験者採用で人材が確保できない場合、会社の事業に大きな影響を与える可能性があります。優秀な人材を確保するためには、何をすれば良いのでしょうか。



採用担当者の悩みと優秀な人材を採用するポイント



【悩み1】求人への応募が少ない
求人への応募が少ない

求人サイトや求人誌に求人広告を掲載したにもかかわらず、なかなか応募者が集まらないことはよくある悩みです。
ある程度の規模の母集団を形成した上でスクリーニングを行い、優秀な人材を採用することが採用活動では一般的ですが、応募数が少なければ小規模な母集団しか形成できず、優秀で自社に合った人材を見つけることが難しくなります。

新卒採用の場合であれば学生は一斉に採用活動をスタートするため、母集団の形成は比較的容易です。しかし、経験者採用の場合は転職活動を行うタイミングがまちまちであり、母集団の形成が困難であるため、中期的な視点に立った採用活動が必要です。

例えば、求人広告を出して1カ月後に採用する場合はここ1カ月間に転職活動をしている人材で母集団が形成されますが、ある程度期間を延ばして中期的に採用活動を行うことにより、一定数の母集団を形成しやすくなります。


【悩み2】優秀な人材が集まらない
優秀な人材が集まらない

求人に対して多数の応募が集まるものの優秀な人材が見つからず、なかなか採用に結びつかないという担当者もいます。これは、自社が求める優秀な人材が定義されていないことが原因である場合も少なくありません。

経験者採用は新卒採用とは異なり、入社後の業務内容やポジションが決まっているため、業務内容やポジションに応じた人材要件(スキルや経験、性格、志向など)を定義します。
また、どのような人材要件がより重要なのか、優先順位を付けることも必要です。まずは人材要件と優先順位を決め、後は経験者採用の緊急度を加味して採用活動を進めます。

人材要件が定義できれば、採用活動の進め方も見えてきます。求人サイトや求人誌に求人広告を掲載して広く人材を募集するのか、それともエージェントを介してピンポイントでコンタクトを取るのかなど、人材に対するアプローチの仕方が明確になり、優秀な人材を採用しやすくなります。

【悩み3】採用者が社内で活躍できない
優秀だと思って採用したにもかかわらず、入社前に期待していたレベルの活躍ができないケースもあります。期待外れの人材を採用してしまうことを防止するためにも、採用時の人材要件を明確にしておきましょう。
活躍できない要因として、本人の能力と担当業務に求められる能力にギャップがあると考えられます。「面接をしていてなんとなく優秀だと感じた」「高学歴で優秀そうに見えた」などのあいまいな理由で採用するのではなく、必要な人材要件と優先順位を明確にした上で、入社後の担当業務に求められる能力と本人の適性を確認することが重要です。


おわりに



採用活動に正解はありません。企業が置かれている状況や転職市場の状況なども踏まえながら柔軟に対応しましょう。良い人材を採用することは、企業が事業活動を継続する上で欠かせません。ぜひ今回ご紹介した内容を踏まえて、優秀な人材の確保につなげてください。
20代の人材採用から定着まで徹底サポート

こんなことを
お考えでしたら、
お問い合わせ
ください。
  • 34歳以下の若手から応募が少なく、吟味して採用できない
  • 若手応募者の質が低下してきており、内定基準に達する人に出会えない
  • 内定を出したのに、辞退されることが多い
  • 若手は採用したいけど、そんなに採用にかけられる時間がない
  • 久しぶりの若手採用。今ドキ若者の社内育成のノウハウが無くて不安
※ その他、若手採用、定着、活躍についてでしたら、どんなことでお問い合わせくださいませ。