20代採用に強い人材紹介|株式会社ジェイック

無料レポート
はこちら

お役立ち情報

◆第42号◆「営業ツールとしての年賀状」 ~「営業革新の急所」 ナマの営業の知恵をお届けします~

2014年11月28日


■埋もれない年賀状


 


全社員が、会社で印刷してくれた同じ年賀状を使って書く。


ビジネスでいただく賀状には、そういうのが多いですよね。


 


工夫された賀状も多いのでそれも否定はしませんが、私はイヤなんです。


だって個性が出しにくいじゃないですか。


営業は、自分を売ってなんぼ、という面もありますし。


 


今は手軽に自分でプリントできますよね。


全て手書きの賀状でもいいけれど、やはり年賀状はカラフルでなきゃ。


 


だから私は、会社が用意する年賀状は断って、


自宅のプリンタで印刷した年賀状を出すことにしています。


その方が、お客様の手元にたくさん届く年賀状の中でも、


目立つことができるんじゃないかと思うんです。


 


 


■印象に残る年賀状は・・・


 


今回のメルマガは年賀状をテーマにしているので、


昨年末に書いた方が良かったかもしれません。


でも、このタイミングで書くことにしたのは、


私が今年いただいた年賀状を紹介したかったのです。


 


1月4日の時点でいただいた年賀状の中で一番印象に残っているのは、


ある会社の営業マンからいただいた1枚です。


 


その賀状には、彼が奥さんや小さな可愛いお子さんと


一緒に写っている写真が載っています。


昨年七五三を迎えたのでしょうか、皆さん正装して写っています。


余白に、


 


「私の家内と息子です。この家族を幸せにするために今年も頑張ります。」


 


と書いてありました。


 


奥さんにもお子さんにも、もちろんお会いしたことはありませんが、


彼の気持ちが伝わってきました。


だから、儀礼的ではない、とても良い年賀状だと思ったものです。


 


こういう年賀状だと、私の記憶にくっきりと残ります。


そして、彼に次に会ったときに


 


「可愛いお子さんだね。あれは七五三のときに撮った写真なの?」


「へ~、いくつ?」


「じゃぁ、これからお金がかかって大変だね」


「奥さんもきれいな方ですね。」


 


などと笑顔で話しかけるでしょう。


そう、私が研修でよく言っているワントゥワンの交流が生まれます。


このことにより、彼との心理的距離が縮まり、


その後の彼の営業活動に少なからずプラスの効果を生むはずです。


 


こういう効果は、会社が用意してくれた年賀状では


なかなか発揮できないのではないでしょうか?


 


 


■私の年賀状は・・・


 


私は、「年賀状は必ずワントゥワンでなければいけない」


などと言うつもりはありません。


 


『年賀状もテーマを考えて書きましょう』


 


ということを言いたいのです。


 


 


営業マンなら、毎年の年賀状の機会も逃してはいけません。


いや、年賀状に限らず、暑中見舞いも社屋移転のお知らせも同様です。


他にも、結婚のお知らせは、知人だけでなくお客様にも必ず出しましょう。


お客様もきっと喜んでくれますよね。


 


儀礼的になりがちな慣習を、ただの慣習に終わらせず、


あなたからお客様に何かを伝えましょう。


 


 



 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


(文責:株式会社ジェイック 実戦型営業コンサルタント 林 丈司)


 


 


〇営業研修をやりとげた、意欲的な若者をご紹介


⇒⇒営業職の募集をお考えの企業様はコチラ


 


〇ビジネスマナー研修をやりとげた、全国の提携大学4年生をご紹介


⇒⇒15年新卒採用をお考えの企業様はコチラ


 


JAIC「営業カレッジ」企業様向けFacebookページ


⇒⇒採用活動に役立つ情報を配信中 企業様向けFacebookページはコチラ


 

JAICがこれまでに培った知識と経験をレポートにまとめました。
皆さまの企業にきっと役に立つレポートが無料でダウンロードできます。

無料レポート